<< レイキ初体験 | main |






お別れの時か

ここ数日、ペットのウサギのミラションの体調が
明らかに急降下してる。
横になったまま殆ど動かない。

手で餌をやればがっついて食べるんだけど。
もうかたい餌が食べれないようなので
ペレットを水に溶かして小さな団子にしたのと
刻んだトマトと、バナナ。

ほんとはバナナは脂肪的に良くないんだけど
大好物なようだから。もう、ね。

隙あらば撫でてる。自分から頭撫でてほしさに
すりすりしてくるくらい好きなので
もうずっと撫でてやっていたい…
音楽が好きなようなのでクラシックピアノを聴かせてる。
月に行くまで見届けてやるからな。

ところで…
友人に薦められたクラシックでこんな素晴らしいのがあった。
僕は先日まで知らなかったんだけど、ラヴェルという人の曲。
「亡き王女のためのパヴァーヌ 」



晩年のラヴェルは記憶障害で次々と記憶を失くしてしまい
この自身の曲を聴いて
「とても美しい曲だ。しかし一体、誰が作ったんだろう」
と、つぶやいたそう。人生って本当に儚いな…
今という時間に感謝するしかない。
JUGEMテーマ:日記・一般


posted by 由乃夢朗 06:19comments(0)trackbacks(0)


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://blog.yumerou.com/trackback/1415995